万葉集 第11巻 2801番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2801番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2801番歌

第11巻
歌番号 2801番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 大海之 荒礒之渚鳥 朝名旦名 見巻欲乎 不所見公可聞
訓読 大海の荒礒の洲鳥朝な朝な見まく欲しきを見えぬ君かも
かな おほうみの ありそのすどり あさなさな みまくほしきを みえぬきみかも
英語(ローマ字) OHOUMINO ARISONOSUDORI ASANASANA MIMAKUHOSHIKIWO MIENUKIMIKAMO
大海の荒磯に毎朝やってくる水鳥たちのように、毎朝みたいものだ。けれどもやってこないあなたですこと。
左注
校異
用語 動物、女歌、序詞、恋情、鳥
タイトルとURLをコピーしました