万葉集 第11巻 2675番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2675番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2675番歌

第11巻
歌番号 2675番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 君之服 三笠之山尓 居雲乃 立者継流 戀為鴨
訓読 君が着る御笠の山に居る雲の立てば継がるる恋もするかも
かな きみがきる みかさのやまに ゐるくもの たてばつがるる こひもするかも
英語(ローマ字) KIMIGAKIRU MIKASANOYAMANI ゐRUKUMONO TATEBATSUGARURU KOHIMOSURUKAMO
笠をかぶり立派な着物を着た御笠山。そこに低くかかった雲がかかり、次々と上ってきて、湧いては湧いてはやってくるそんな恋をしている。
左注
校異
用語 地名、奈良県、枕詞、序詞、恋愛
タイトルとURLをコピーしました