万葉集 第11巻 2827番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2827番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2827番歌

第11巻
歌番号 2827番歌
作者 作者不詳
題詞 (問答)
原文 紅 花西有者 衣袖尓 染著持而 可行所念
訓読 紅の花にしあらば衣手に染め付け持ちて行くべく思ほゆ
かな くれなゐの はなにしあらば ころもでに そめつけもちて ゆくべくおもほゆ
英語(ローマ字) KURENAゐNO HANANISHIARABA KOROMODENI SOMETSUKEMOCHITE YUKUBEKUOMOHOYU
(もしも君が)紅の花であったなら、袖に染め付けて持ち歩くことができるのに。
左注 右二首
校異
用語 恋情、別れ
タイトルとURLをコピーしました