万葉集 第11巻 2826番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2826番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2826番歌

第11巻
歌番号 2826番歌
作者 作者不詳
題詞 (問答)
原文 如是為乍 有名草目手 玉緒之 絶而別者 為便可無
訓読 かくしつつあり慰めて玉の緒の絶えて別ればすべなかるべし
かな かくしつつ ありなぐさめて たまのをの たえてわかれば すべなかるべし
英語(ローマ字) KAKUSHITSUTSU ARINAGUSAMETE TAMANOWONO TAETEWAKAREBA SUBENAKARUBESHI
このようにおそばにいれば心やすらかですが、玉の緒(紐)が切れてしまって別れることになったらどうしようもありません。
左注 (右二首)
校異
用語 枕詞、恋愛
タイトルとURLをコピーしました