万葉集 第11巻 2726番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2726番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2726番歌

第11巻
歌番号 2726番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 風不吹 浦尓浪立 無名乎 吾者負香 逢者無二 [一云 女跡念而]
訓読 風吹かぬ浦に波立ちなき名をも我れは負へるか逢ふとはなしに [一云 女と思ひて]
かな かぜふかぬ うらになみたち なきなをも われはおへるか あふとはなしに [をみなとおもひて]
英語(ローマ字) KAZEFUKANU URANINAMITACHI NAKINAWOMO WAREHAOHERUKA AFUTOHANASHINI [WOMINATOOMOHITE]
風も吹かない浦が波立ったかのように、何もないのに噂を立てられてしまった。逢うこともない人と。
左注
校異
用語 序詞、うわさ、恋愛、異伝
タイトルとURLをコピーしました