万葉集 第11巻 2549番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2549番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2549番歌

第11巻
歌番号2549番歌
作者作者不詳
題詞(正述心緒)
原文妹戀 吾哭涕 敷妙 木枕通而 袖副所沾 [或本歌<曰> 枕通而 巻者寒母]
訓読妹に恋ひ我が泣く涙敷栲の木枕通り袖さへ濡れぬ [或本歌曰 枕通りてまけば寒しも]
かないもにこひ わがなくなみた しきたへの こまくらとほり そでさへぬれぬ [まくらとほりて まけばさむしも]
英語(ローマ字)IMONIKOHI WAGANAKUNAMITA SHIKITAHENO KOMAKURATOHORI SODESAHENURENU [MAKURATOHORITE MAKEBASAMUSHIMO]
彼女が恋しくて流す涙は木枕を通り、袖さえ濡れてしまいました。 
左注
校異通而 [嘉](塙) 通 / 歌 [西] 謌 / 云 曰 [嘉][紀]
用語恋情、枕詞
タイトルとURLをコピーしました