万葉集 第11巻 2355番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2355番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2355番歌

第11巻
歌番号 2355番歌
作者 作者不詳
題詞 (旋頭歌)
原文 恵得 吾念妹者 早裳死耶 雖生 吾邇應依 人云名國
訓読 愛しと我が思ふ妹は早も死なぬか生けりとも我れに寄るべしと人の言はなくに
かな うつくしと あがおもふいもは はやもしなぬか いけりとも われによるべしと ひとのいはなくに
英語(ローマ字) UTSUKUSHITO AGAOMOFUIMOHA HAYAMOSHINANUKA IKERITOMO WARENIYORUBESHITO HITONOIHANAKUNI
愛しいけれど彼女など早く死んでしまえばいいのに。生きていたところで、この私になびきなさいと言ってくれる人もいないので。
左注 (右十二首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、非略体、旋頭歌、恋情
タイトルとURLをコピーしました