万葉集 第11巻 2729番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2729番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2729番歌

第11巻
歌番号 2729番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 霰零 遠<津>大浦尓 縁浪 縦毛依十万 憎不有君
訓読 霰降り遠つ大浦に寄する波よしも寄すとも憎くあらなくに
かな あられふり とほつおほうらに よするなみ よしもよすとも にくくあらなくに
英語(ローマ字) ARAREFURI TOHOTSUOHOURANI YOSURUNAMI YOSHIMOYOSUTOMO NIKUKUARANAKUNI
霰が降るという遠江の大浦に寄せる波のようにたとえ噂が寄せられても構わない、憎くない人ですもの。
左注
校異 <> 津 [西(訂正)][嘉][文][類]
用語 枕詞、地名、滋賀県、西浅井町、序詞、恋愛
タイトルとURLをコピーしました