万葉集 第11巻 2728番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2728番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2728番歌

第11巻
歌番号 2728番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 淡海之海 奥津嶋山 奥間經而 我念妹之 言繁<苦>
訓読 近江の海沖つ島山奥まへて我が思ふ妹が言の繁けく
かな あふみのうみ おきつしまやま おくまへて あがおもふいもが ことのしげけく
英語(ローマ字) AFUMINOUMI OKITSUSHIMAYAMA OKUMAHETE AGAOMOFUIMOGA KOTONOSHIGEKEKU
ずっと思い定めている彼女には何かと噂が絶えない。
左注
校異 之海 [嘉][古] 之 / <> 苦 [嘉][類][古]
用語 地名、琵琶湖、滋賀県、序詞、うわさ、恋愛
タイトルとURLをコピーしました