万葉集 第11巻 2592番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2592番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2592番歌

第11巻
歌番号 2592番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 戀死 後何為 吾命 生日社 見幕欲為礼
訓読 恋死なむ後は何せむ我が命生ける日にこそ見まく欲りすれ
かな こひしなむ のちはなにせむ わがいのち いけるひにこそ みまくほりすれ
英語(ローマ字) KOHISHINAMU NOCHIHANANISEMU WAGAINOCHI IKERUHINIKOSO MIMAKUHORISURE
恋い焦がれて死んだ後では何の意味があろう。生きている今日という日こそ逢いたいのに。
左注
校異
用語 恋情
タイトルとURLをコピーしました