万葉集 第11巻 2591番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2591番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2591番歌

第11巻
歌番号 2591番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 人事 茂間守跡 不相在 終八子等 面忘南
訓読 人言の繁き間守ると逢はずあらばつひにや子らが面忘れなむ
かな ひとごとの しげきまもると あはずあらば つひにやこらが おもわすれなむ
英語(ローマ字) HITOGOTONO SHIGEKIMAMORUTO AHAZUARABA TSUHINIYAKORAGA OMOWASURENAMU
噂の激しい間を避けて逢わずにいると、ついにはあの子の顔を忘れてしまいそう。
左注
校異
用語 うわさ
タイトルとURLをコピーしました