万葉集 第11巻 2762番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2762番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2762番歌

第11巻
歌番号 2762番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 蘆垣之 中之似兒草 尓故余漢 我共咲為而 人尓所知名
訓読 葦垣の中の和草にこやかに我れと笑まして人に知らゆな
かな あしかきの なかのにこぐさ にこやかに われとゑまして ひとにしらゆな
英語(ローマ字) ASHIKAKINO NAKANONIKOGUSA NIKOYAKANI WARETOゑMASHITE HITONISHIRAYUNA
葦垣の中の似兒草(にこぐさ)のように、私と笑みを交わしても人には知られないようにして下さいね。
左注
校異
用語 植物、うわさ、女歌、序詞
タイトルとURLをコピーしました