万葉集 第11巻 2775番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2775番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2775番歌

第11巻
歌番号 2775番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 山高 谷邊蔓在 玉葛 絶時無 見因毛欲得
訓読 山高み谷辺に延へる玉葛絶ゆる時なく見むよしもがも
かな やまたかみ たにへにはへる たまかづら たゆるときなく みむよしもがも
英語(ローマ字) YAMATAKAMI TANIHENIHAHERU TAMAKADURA TAYURUTOKINAKU MIMUYOSHIMOGAMO
山がけわしく谷辺に延びる葛が絶えることなく続いているように、絶えることなくあの方に逢えるものならなあ。
左注
校異
用語 植物、序詞、恋愛
タイトルとURLをコピーしました