万葉集 第11巻 2774番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2774番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2774番歌

第11巻
歌番号 2774番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 神南備能 淺小竹原乃 美 妾思公之 聲之知家口
訓読 神奈備の浅小竹原のうるはしみ我が思ふ君が声のしるけく
かな かむなびの あさぢのはらの うるはしみ あがおもふきみが こゑのしるけく
英語(ローマ字) KAMUNABINO ASADINOHARANO URUHASHIMI AGAOMOFUKIMIGA KOゑNOSHIRUKEKU
神が降臨するという丈の低い篠原を敬愛するように敬愛するあの方の声がよくとおる。
左注
校異
用語 序詞、恋愛、地名
タイトルとURLをコピーしました