万葉集 第11巻 2488番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2488番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2488番歌

第11巻
歌番号 2488番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 礒上 立廻香<樹> 心哀 何深目 念始
訓読 礒の上に立てるむろの木ねもころに何しか深め思ひそめけむ
かな いそのうへに たてるむろのき ねもころに なにしかふかめ おもひそめけむ
英語(ローマ字) ISONOUHENI TATERUMURONOKI NEMOKORONI NANISHIKAFUKAME OMOHISOMEKEMU
磯の上にしっかり根を張るむろの木のごとく、どうして私は深く深く思い入れてしまったのだろう、あの子に。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 瀧 樹 [万葉考]
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、植物、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました