万葉集 第11巻 2772番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2772番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2772番歌

第11巻
歌番号 2772番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 真野池之 小菅乎笠尓 不縫為<而> 人之遠名乎 可立物可
訓読 真野の池の小菅を笠に縫はずして人の遠名を立つべきものか
かな まののいけの こすげをかさに ぬはずして ひとのとほなを たつべきものか
英語(ローマ字) MANONOIKENO KOSUGEWOKASANI NUHAZUSHITE HITONOTOHONAWO TATSUBEKIMONOKA
真野池の小菅でまだ笠を縫ってもいないのに(深い仲にもなっていないのに)遠くまで噂が広がってよいものだろうか。
左注
校異 <> 而 [嘉][文][類][紀]
用語 地名、兵庫県、神戸市、うわさ、恋愛
タイトルとURLをコピーしました