万葉集 第11巻 2771番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2771番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2771番歌

第11巻
歌番号 2771番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 吾妹子之 袖乎憑而 真野浦之 小菅乃笠乎 不著而来二来有
訓読 我妹子が袖を頼みて真野の浦の小菅の笠を着ずて来にけり
かな わぎもこが そでをたのみて まののうらの こすげのかさを きずてきにけり
英語(ローマ字) WAGIMOKOGA SODEWOTANOMITE MANONOURANO KOSUGENOKASAWO KIZUTEKINIKERI
彼女の袖を笠代わりにしてもらおうと思って真野の浦の小菅で作った笠をささずに来てしまった。
左注
校異
用語 地名、兵庫県、神戸市、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました