万葉集 第11巻 2406番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2406番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2406番歌

第11巻
歌番号 2406番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 狛錦 紐解開 夕<谷> 不知有命 戀有
訓読 高麗錦紐解き開けて夕だに知らずある命恋ひつつかあらむ
かな こまにしき ひもときあけて ゆふへだに しらずあるいのち こひつつかあらむ
英語(ローマ字) KOMANISHIKI HIMOTOKIAKETE YUFUHEDANI SHIRAZUARUINOCHI KOHITSUTSUKAARAMU
高麗錦の紐を解いて、この夕まで生きられるか分からぬ命ですが、命ある限り恋い焦がれています。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 戸 谷 [万葉考]
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました