万葉集 第11巻 2479番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2479番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2479番歌

第11巻
歌番号 2479番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 核葛 後相 夢耳 受日度 年經乍
訓読 さね葛後も逢はむと夢のみにうけひわたりて年は経につつ
かな さねかづら のちもあはむと いめのみに うけひわたりて としはへにつつ
英語(ローマ字) SANEKADURA NOCHIMOAHAMUTO IMENOMINI UKEHIWATARITE TOSHIHAHENITSUTSU
さね葛のようにつるが延びて後に逢えるだろうと、夢の中だけで神様に祈り続けているうちに年は過ぎてゆく。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、植物、枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました