万葉集 第11巻 2797番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2797番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2797番歌

第11巻
歌番号 2797番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 住吉之 濱尓縁云 打背貝 實無言以 余将戀八方
訓読 住吉の浜に寄るといふうつせ貝実なき言もち我れ恋ひめやも
かな すみのえの はまによるといふ うつせがひ みなきこともち あれこひめやも
英語(ローマ字) SUMINOENO HAMANIYORUTOIFU UTSUSEGAHI MINAKIKOTOMOCHI AREKOHIMEYAMO
住吉の浜に打ち上げられたうつせ貝のように、実のない言葉なんかで恋したりするでしょうか。
左注
校異
用語 地名、大阪府、住吉、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました