万葉集 第11巻 2817番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2817番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2817番歌

第11巻
歌番号 2817番歌
作者 作者不詳
題詞 (問答)
原文 浦觸而 物者不念 水無瀬川 有而毛水者 逝云物乎
訓読 うらぶれて物は思はじ水無瀬川ありても水は行くといふものを
かな うらぶれて ものはおもはじ みなせがは ありてもみづは ゆくといふものを
英語(ローマ字) URABURETE MONOHAOMOHAJI MINASEGAHA ARITEMOMIDUHA YUKUTOIFUMONOWO
しょんぼりなどしてませんわ。水の無い川であってもときには水が流れるといいますもの。
左注 右二首
校異
用語 恋愛
タイトルとURLをコピーしました