万葉集 第11巻 2692番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2692番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2692番歌

第11巻
歌番号 2692番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 夕凝 霜置来 朝戸出<尓> 甚踐而 人尓所知名
訓読 夕凝りの霜置きにけり朝戸出にいたくし踏みて人に知らゆな
かな ゆふこりの しもおきにけり あさとでに いたくしふみて ひとにしらゆな
英語(ローマ字) YUFUKORINO SHIMOOKINIKERI ASATODENI ITAKUSHIFUMITE HITONISHIRAYUNA
一晩の内に染めた霜、朝起きたら一面真っ白、戸を出てお帰りになるときは、強く踏んで人に知られることのないようにして下さいね。
左注
校異 <> 尓 [嘉][文][紀]
用語 恋情、女歌
タイトルとURLをコピーしました