万葉集 第11巻 2685番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2685番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2685番歌

第11巻
歌番号 2685番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 妹門 去過不勝都 久方乃 雨毛零奴可 其乎因将為
訓読 妹が門行き過ぎかねつひさかたの雨も降らぬかそをよしにせむ
かな いもがかど ゆきすぎかねつ ひさかたの あめもふらぬか そをよしにせむ
英語(ローマ字) IMOGAKADO YUKISUGIKANETSU HISAKATANO AMEMOFURANUKA SOWOYOSHINISEMU
彼女の家の門を通りすぎかねる。雨でも降ってきてくれないか、それを口実にして立ち寄ることも出来ように。
左注
校異
用語 恋愛
タイトルとURLをコピーしました