万葉集 第11巻 2504番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2504番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2504番歌

第11巻
歌番号 2504番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 解衣 戀乱乍 浮沙 生吾 <有>度鴨
訓読 解き衣の恋ひ乱れつつ浮き真砂生きても我れはありわたるかも
かな とききぬの こひみだれつつ うきまなご いきてもわれは ありわたるかも
英語(ローマ字) TOKIKINUNO KOHIMIDARETSUTSU UKIMANAGO IKITEMOWAREHA ARIWATARUKAMO
脱ぎ捨てた着物のように恋に乱れている。私は水に浮かんで流れる細かな砂のように、生きていてもただそのままはかなく生きているだけ。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 戀 有 [嘉]
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました