万葉集 第11巻 2503番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2503番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2503番歌

第11巻
歌番号2503番歌
作者作者不詳
題詞(寄物陳思)
原文夕去 床重不去 黄楊枕 <何>然汝 主待固
訓読夕されば床の辺去らぬ黄楊枕何しか汝れが主待ちかたき
かなゆふされば とこのへさらぬ つげまくら なにしかなれが ぬしまちかたき
英語(ローマ字)YUFUSAREBA TOKONOHESARANU TSUGEMAKURA NANISHIKANAREGA NUSHIMACHIKATAKI
夕方になると(隣の)寝床に黄楊枕を用意するのだけれど、その枕の主がなかなかやってこない。どうしてこんなにもあの人を待ち続け難く思うのでしょう。
左注(以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異射 何 [万葉考]
用語作者:柿本人麻呂歌集、略体、植物、女歌、空虚、
タイトルとURLをコピーしました