万葉集 第11巻 2778番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2778番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2778番歌

第11巻
歌番号 2778番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 水底尓 生玉藻之 生不出 縦比者 如是而将通
訓読 水底に生ふる玉藻の生ひ出でずよしこのころはかくて通はむ
かな みなそこに おふるたまもの おひいでず よしこのころは かくてかよはむ
英語(ローマ字) MINASOKONI OFURUTAMAMONO OHIIDEZU YOSHIKONOKOROHA KAKUTEKAYOHAMU
水底に生える藻は水面に顔を出さないという。ままよ、当分はこのままそっと通おう。
左注
校異
用語 植物、序詞、うわさ、人目、恋愛
タイトルとURLをコピーしました