万葉集 第11巻 2789番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2789番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2789番歌

第11巻
歌番号 2789番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 玉緒之 絶而有戀之 乱者 死巻耳其 又毛不相為而
訓読 玉の緒の絶えたる恋の乱れなば死なまくのみぞまたも逢はずして
かな たまのをの たえたるこひの みだれなば しなまくのみぞ またもあはずして
英語(ローマ字) TAMANOWONO TAETARUKOHINO MIDARENABA SHINAMAKUNOMIZO MATAMOAHAZUSHITE
玉の緒が切れるように切れた恋心が再燃したら、死ぬばかりです。もう逢うこともなく。
左注
校異
用語 枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました