万葉集 第11巻 2576番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2576番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2576番歌

第11巻
歌番号 2576番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 人間守 蘆垣越尓 吾妹子乎 相見之柄二 事曽左太多寸
訓読 人間守り葦垣越しに我妹子を相見しからに言ぞさだ多き
かな ひとまもり あしかきごしに わぎもこを あひみしからに ことぞさだおほき
英語(ローマ字) HITOMAMORI ASHIKAKIGOSHINI WAGIMOKOWO AHIMISHIKARANI KOTOZOSADAOHOKI
人目のないのを見計らって、葦垣越しに彼女を見ただけなのに世間の噂はうるさい。
左注
校異
用語 垣間見、うわさ
タイトルとURLをコピーしました