万葉集 第11巻 2607番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2607番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2607番歌

第11巻
歌番号 2607番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 敷細之 衣手可礼天 吾乎待登 在<濫>子等者 面影尓見
訓読 敷栲の衣手離れて我を待つとあるらむ子らは面影に見ゆ
かな しきたへの ころもでかれて わをまつと あるらむこらは おもかげにみゆ
英語(ローマ字) SHIKITAHENO KOROMODEKARETE WAWOMATSUTO ARURAMUKORAHA OMOKAGENIMIYU
床の上で着物の袖を交わさない日々が続き、きっと私を待っているあの子。その面影がちらついて見える。
左注
校異 監 濫 [西(右貼紙)][嘉][古][紀]
用語 枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました