万葉集 第11巻 2500番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2500番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2500番歌

第11巻
歌番号 2500番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 朝月 日向黄楊櫛 雖舊 何然公 見不飽
訓読 朝月の日向黄楊櫛古りぬれど何しか君が見れど飽かざらむ
かな あさづきの ひむかつげくし ふりぬれど なにしかきみが みれどあかざらむ
英語(ローマ字) ASADUKINO HIMUKATSUGEKUSHI FURINUREDO NANISHIKAKIMIGA MIREDOAKAZARAMU
朝の月が日に向かうという、日向産の黄楊櫛(つげぐし)は使い古して古くなりましたが、どうしてあなたは見ても見ても見飽きないのでしょう。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、恋情、序詞、宮崎、時間
タイトルとURLをコピーしました