万葉集 第11巻 2501番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2501番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2501番歌

第11巻
歌番号 2501番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 里遠 眷浦經 真鏡 床重不去 夢所見与
訓読 里遠み恋ひうらぶれぬまそ鏡床の辺去らず夢に見えこそ
かな さとどほみ こひうらぶれぬ まそかがみ とこのへさらず いめにみえこそ
英語(ローマ字) SATODOHOMI KOHIURABURENU MASOKAGAMI TOKONOHESARAZU IMENIMIEKOSO
あなたの里は遠くてなかなか逢いに行けず、恋に疲れ果ててしまいます。せめて毎日床の辺に置いている手鏡のように、毎夜夢に出てきてほしい。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました