万葉集 第11巻 2756番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2756番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2756番歌

第11巻
歌番号 2756番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 月草之 借有命 在人乎 何知而鹿 後毛将相<云>
訓読 月草の借れる命にある人をいかに知りてか後も逢はむと言ふ
かな つきくさの かれるいのちに あるひとを いかにしりてか のちもあはむといふ
英語(ローマ字) TSUKIKUSANO KARERUINOCHINI ARUHITOWO IKANISHIRITEKA NOCHIMOAHAMUTOIFU
露草のようにはかない身であるこの私をどう思っておいででしょう。後も逢おうとおっしゃるけれど。
左注
校異 公 云 [西(訂正)][嘉][文][類]
用語 植物、枕詞、女歌
タイトルとURLをコピーしました