万葉集 第11巻 2562番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2562番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2562番歌

第11巻
歌番号 2562番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 里人之 言縁妻乎 荒垣之 外也吾将見 悪有名國
訓読 里人の言寄せ妻を荒垣の外にや我が見む憎くあらなくに
かな さとびとの ことよせづまを あらかきの よそにやわがみむ にくくあらなくに
英語(ローマ字) SATOBITONO KOTOYOSEDUMAWO ARAKAKINO YOSONIYAWAGAMIMU NIKUKUARANAKUNI
村人の噂では私の妻となっているが、(実際には)荒垣越しに外から見ているだけなのに。噂が立って、憎からず思っているのに。
左注
校異
用語 うわさ
タイトルとURLをコピーしました