万葉集 第11巻 2612番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2612番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2612番歌

第11巻
歌番号 2612番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 白細布<乃> 袖觸而夜 吾背子尓 吾戀落波 止時裳無
訓読 白栲の袖触れてし夜我が背子に我が恋ふらくはやむ時もなし
かな しろたへの そでふれてしよ わがせこに あがこふらくは やむときもなし
英語(ローマ字) SHIROTAHENO SODEFURETESHIYO WAGASEKONI AGAKOFURAKUHA YAMUTOKIMONASHI
白栲の袖を交わして以来、あの方が恋しくて止むときがありません。
左注
校異 之 乃 [嘉][文][紀] / 而 (塙) 西
用語 枕詞、女歌、恋情
タイトルとURLをコピーしました