万葉集 第11巻 2605番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2605番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2605番歌

第11巻
歌番号 2605番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 玉桙之 道去夫利尓 不思 妹乎相見而 戀比鴨
訓読 玉桙の道行きぶりに思はぬに妹を相見て恋ふるころかも
かな たまほこの みちゆきぶりに おもはぬに いもをあひみて こふるころかも
英語(ローマ字) TAMAHOKONO MICHIYUKIBURINI OMOHANUNI IMOWOAHIMITE KOFURUKOROKAMO
道を往来する際にはからずも彼女に出逢い、恋い焦がれるようになったこのごろです。
左注
校異
用語 枕詞、恋情、片思い
タイトルとURLをコピーしました