万葉集 第11巻 2747番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2747番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2747番歌

第11巻
歌番号 2747番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 味鎌之 塩津乎射而 水手船之 名者謂手師乎 不相将有八方
訓読 あぢかまの塩津をさして漕ぐ船の名は告りてしを逢はざらめやも
かな あぢかまの しほつをさして こぐふねの なはのりてしを あはざらめやも
英語(ローマ字) ADIKAMANO SHIHOTSUWOSASHITE KOGUFUNENO NAHANORITESHIWO AHAZARAMEYAMO
アジカモやカモの群れ飛ぶ塩津をさして漕ぐ船の、その名を告げたのですもの。あなたにお逢いせずにおられましょうか。
左注
校異
用語 地名、滋賀県、塩津、序詞、恋愛、怨み
タイトルとURLをコピーしました