万葉集 第11巻 2572番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2572番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2572番歌

第11巻
歌番号 2572番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 偽毛 似付曽為 何時従鹿 不見人戀尓 人之死為
訓読 偽りも似つきてぞするいつよりか見ぬ人恋ふに人の死せし
かな いつはりも につきてぞする いつよりか みぬひとごひに ひとのしにせし
英語(ローマ字) ITSUHARIMO NITSUKITEZOSURU ITSUYORIKA MINUHITOGOHINI HITONOSHINISESHI
偽(いつわり)りも本当らしくおっしゃるのね。いつの世から、逢ってもいない人に恋して人は死ぬというのでしょう。
左注
校異 尓 (塙)(楓) 等
用語 女歌、恨み
タイトルとURLをコピーしました