万葉集 第11巻 2392番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2392番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2392番歌

第11巻
歌番号 2392番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 中々 不見有 従相見 戀心 益念
訓読 なかなかに見ずあらましを相見てゆ恋ほしき心まして思ほゆ
かな なかなかに みずあらましを あひみてゆ こほしきこころ ましておもほゆ
英語(ローマ字) NAKANAKANI MIZUARAMASHIWO AHIMITEYU KOHOSHIKIKOKORO MASHITEOMOHOYU
なまじっか逢わなければよかった。逢ってからというものますます恋しさが募ってならない。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、恋情
タイトルとURLをコピーしました