万葉集 第11巻 2546番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2546番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2546番歌

第11巻
歌番号 2546番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 不念丹 到者妹之 歡三跡 咲牟眉曵 所思鴨
訓読 思はぬに至らば妹が嬉しみと笑まむ眉引き思ほゆるかも
かな おもはぬに いたらばいもが うれしみと ゑまむまよびき おもほゆるかも
英語(ローマ字) OMOHANUNI ITARABAIMOGA URESHIMITO ゑMAMUMAYOBIKI OMOHOYURUKAMO
突然に訪ねたら、彼女が嬉しそうに笑ってあわてて眉を引く姿が思い浮かぶ。
左注
校異
用語 恋情
タイトルとURLをコピーしました