万葉集 第11巻 2521番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2521番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2521番歌

第11巻
歌番号 2521番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 垣幡 丹<頬>經君S 率尓 思出乍 嘆鶴鴨
訓読 かきつはた丹つらふ君をいささめに思ひ出でつつ嘆きつるかも
かな かきつはた につらふきみを いささめに おもひいでつつ なげきつるかも
英語(ローマ字) KAKITSUHATA NITSURAFUKIMIWO ISASAMENI OMOHIIDETSUTSU NAGEKITSURUKAMO
かきつばたのように色づいたあなた、そのあなたをふと思い出しては嘆きつつあります。
左注
校異 刺 頬 [類][紀][細][温]
用語 枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました