万葉集 第11巻 2708番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2708番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2708番歌

第11巻
歌番号2708番歌
作者作者不詳
題詞(寄物陳思)
原文四長鳥 居名山響尓 行水乃 名耳所縁之 内妻波母 [一云 名<耳>所縁而 戀管哉将在]
訓読しなが鳥猪名山響に行く水の名のみ寄そりし隠り妻はも [一云 名のみ寄そりて恋ひつつやあらむ]
かなしながどり ゐなやまとよに ゆくみづの なのみよそりし こもりづまはも [なのみよそりて こひつつやあらむ]
英語(ローマ字)SHINAGADORI ゐNAYAMATOYONI YUKUMIDUNO NANOMIYOSORISHI KOMORIDUMAHAMO [NANOMIYOSORITE KOHITSUTSUYAARAMU]
しなが鳥棲む猪名(ゐな)川が音を響かせて流れ下る、その響きのように、評判ばかり立てられて(気の毒だ)隠し妻は。
左注
校異耳之 耳 [嘉]
用語動物、枕詞、大阪府池田市、序詞、恋情、異伝
タイトルとURLをコピーしました