万葉集 第11巻 2643番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2643番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2643番歌

第11巻
歌番号 2643番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 玉戈之 道行疲 伊奈武思侶 敷而毛君乎 将見因<母>鴨
訓読 玉桙の道行き疲れ稲席しきても君を見むよしもがも
かな たまほこの みちゆきつかれ いなむしろ しきてもきみを みむよしもがも
英語(ローマ字) TAMAHOKONO MICHIYUKITSUKARE INAMUSHIRO SHIKITEMOKIMIWO MIMUYOSHIMOGAMO
道を歩き疲れると稲席を敷いて休息をとるいうではないが、繰り返し(しきりに)あの方にお逢いできるてだてはないものかしら。
左注
校異 毛 母 [嘉][文][類]
用語 枕詞、序詞、女歌、恋愛
タイトルとURLをコピーしました