万葉集 第11巻 2642番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2642番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2642番歌

第11巻
歌番号 2642番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 燈之 陰尓蚊蛾欲布 虚蝉之 妹蛾咲状思 面影尓所見
訓読 燈火の影にかがよふうつせみの妹が笑まひし面影に見ゆ
かな ともしびの かげにかがよふ うつせみの いもがゑまひし おもかげにみゆ
英語(ローマ字) TOMOSHIBINO KAGENIKAGAYOFU UTSUSEMINO IMOGAゑMAHISHI OMOKAGENIMIYU
灯火に影のようにちらちら光って、実際の彼女が微笑む姿が、まるで面影のように浮かんでくる。
左注
校異
用語 恋愛
タイトルとURLをコピーしました