万葉集 第11巻 2799番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2799番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2799番歌

第11巻
歌番号 2799番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 人事乎 繁跡君乎 鶉鳴 人之古家尓 相<語>而遣都
訓読 人言を繁みと君を鶉鳴く人の古家に語らひて遣りつ
かな ひとごとを しげみときみを うづらなく ひとのふるへに かたらひてやりつ
英語(ローマ字) HITOGOTOWO SHIGEMITOKIMIWO UDURANAKU HITONOFURUHENI KATARAHITEYARITSU
人の噂が酷く、あの方とうずらが鳴くような古い人家で話し合って別れました。
左注
校異 誥 語 [嘉][類][紀]
用語 動物、うわさ、恋情、女歌、枕詞、鳥
タイトルとURLをコピーしました