万葉集 第11巻 2798番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2798番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2798番歌

第11巻
歌番号 2798番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 伊勢乃白水郎之 朝魚夕菜尓 潜云 鰒貝之 獨念荷指天
訓読 伊勢の海人の朝な夕なに潜くといふ鰒の貝の片思にして
かな いせのあまの あさなゆふなに かづくといふ あはびのかひの かたもひにして
英語(ローマ字) ISENOAMANO ASANAYUFUNANI KADUKUTOIFU AHABINOKAHINO KATAMOHINISHITE
伊勢の海女が朝な夕なに潜ってとるというアワビ。そのアワビのように片思いのままでいる。
左注
校異
用語 地名、三重県、伊勢、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました