万葉集 第11巻 2621番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2621番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2621番歌

第11巻
歌番号 2621番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 摺衣 著有跡夢見津 <寤>者 孰人之 言可将繁
訓読 摺り衣着りと夢に見つうつつにはいづれの人の言か繁けむ
かな すりころも けりといめにみつ うつつには いづれのひとの ことかしげけむ
英語(ローマ字) SURIKOROMO KERITOIMENIMITSU UTSUTSUNIHA IDURENOHITONO KOTOKASHIGEKEMU
摺り染めの着物を着ている自分の夢を見た。現実にはどこのどなたと噂になることでしょう。
左注
校異 寐 寤 [西(貼紙)]
用語 衣、うわさ
タイトルとURLをコピーしました