万葉集 第11巻 2754番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2754番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2754番歌

第11巻
歌番号 2754番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 朝柏 閏八河邊之 小竹之眼笶 思而宿者 夢所見来
訓読 朝柏潤八川辺の小竹の芽の偲ひて寝れば夢に見えけり
かな あさかしは うるやかはへの しののめの しのひてぬれば いめにみえけり
英語(ローマ字) ASAKASHIHA URUYAKAHAHENO SHINONOMENO SHINOHITENUREBA IMENIMIEKERI
朝の柏の木が潤んでいる潤八川(うるはかは)の川辺に生える篠の芽ではないが、あの方を偲んで寝たら夢に出てきました。
左注
校異
用語 植物、地名、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました