万葉集 第11巻 2620番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2620番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2620番歌

第11巻
歌番号 2620番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 解衣之 思乱而 雖戀 何如汝之故跡 問人毛無
訓読 解き衣の思ひ乱れて恋ふれどもなぞ汝がゆゑと問ふ人もなき
かな とききぬの おもひみだれて こふれども なぞながゆゑと とふひともなき
英語(ローマ字) TOKIKINUNO OMOHIMIDARETE KOFUREDOMO NAZONAGAYUゑTO TOFUHITOMONAKI
ほどいた着物のように、思い乱れて恋い焦がれているのに、なぜお前さんは苦しんでいるのだと訊いてくれる人もいない。
左注
校異
用語 恋情、女歌、衣
タイトルとURLをコピーしました