万葉集 第11巻 2706番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2706番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2706番歌

第11巻
歌番号 2706番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 泊湍<川> 速見早湍乎 結上而 不飽八妹登 問師公羽裳
訓読 泊瀬川早み早瀬をむすび上げて飽かずや妹と問ひし君はも
かな はつせがは はやみはやせを むすびあげて あかずやいもと とひしきみはも
英語(ローマ字) HATSUSEGAHA HAYAMIHAYASEWO MUSUBIAGETE AKAZUYAIMOTO TOHISHIKIMIHAMO
泊瀬川の流れが早いので、その早瀬を手ですくいあげて、十分飲んだかやお前、と優しく訊いて下さったあの方は、ああ。
左注
校異 河 川 [嘉][文][類][紀]
用語 地名、奈良県、長谷、女歌、恋情
タイトルとURLをコピーしました