万葉集 第11巻 2653番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2653番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2653番歌

第11巻
歌番号 2653番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 馬音之 跡杼登毛為者 松蔭尓 出曽見鶴 若君香跡
訓読 馬の音のとどともすれば松蔭に出でてぞ見つるけだし君かと
かな うまのおとの とどともすれば まつかげに いでてぞみつる けだしきみかと
英語(ローマ字) UMANOOTONO TODOTOMOSUREBA MATSUKAGENI IDETEZOMITSURU KEDASHIKIMIKATO
どどどという馬音がすると、松蔭に出て様子を窺う。けだしあなたではないかと。
左注
校異
用語 女歌、恋愛
タイトルとURLをコピーしました